アーティスト情報

Image?expire date=1508522400&with default=1&w=150&h=150&key=a6052c785c3dd65c8f49d6b67dd0e36ec020b0cf 1x1

fripSide

  • 『fripSide』のdwango.jp(ドワンゴジェイピー)楽曲配信ページへアクセス!

    左のQRコード、または「URLをメールで送る」ボタンからURLを転送して下さい

    メールを送信

fripSide のプロフィール

2002年の結成より革新的なシンセサイザー・サウンドとキャッチーなメロディを探求してきたサウンド・クリエイター“sat”こと八木沼悟志率いるfripSide。

2009年にボーカリストの南條愛乃をメンバーに迎えて第2期fripSideがスタート。
その第1弾となる「only my railgun」は、オリコン週間チャートで初登場3位という大ヒットを記録し、続く2ndシングル「LEVEL5-judgelight-」でも初登場4位にランク。

satが紡ぎだすシンセ・ポップの快楽的なヴァイブスと琴線を激しく揺さぶる南條の透き通った歌声は、その後3rdシングル「future gazer」でも発揮され、2010年12月アルバム「infinite synthesis」にてその存在感を確固たるものとした。

2011年8月には、「劇場版ハヤテのごとく!」主題歌となる4thシングル「Heaven is a Place on Earth」により、それまでのサウンドとは違った切り口の爽やかさで聴く者の心を魅了した。

12月にはPSP専用ソフト「とある科学の超電磁砲」のテーマソング「way to answer」をリリース。そして10周年を迎えた2012年12月にはアニバーサリーアルバム「Decade」をリリース。

2013年5月8日に発売した「sister’s noise」はオリコンシングル週間ランキングで初登場1位を獲得。

2013年8月21日にTVアニメとある科学の超電磁砲S「eternal reality」をリリース。
作曲は小室哲哉&八木沼悟志によるコラボ!MVにも出演し話題となった。